POUZUのバードフォト

いろいろな趣味をしてきましたが、鳥撮影にはまっちゃいました。

ブッポウソウの餌やり  

この様にに見るとほんと綺麗な鳥さんです。
毎年はるか赤道直下からはるばる遣って来て子育てをして又帰って行くそうです。
昨日の掲載分から巣箱に入るので一連の連射写真です。
日曜日晴天と言う事で沢山のカメラマン西は名古屋、東は千葉.所沢ナンバー鳥撮り仲間も当然いました!
CANON EF600mmF4LISⅡUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DX
s-DY9W5529-2_filtered.jpg
s-DY9W5530-3_filtered.jpg
s-DY9W5528-4_filtered.jpg
s-DY9W5532-5_filtered.jpg
s-DY9W5534-6_filtered.jpg

取り合えず一枚!  

片道100km 2時間のプチ遠征でブッポウソウを撮りに行って来ました。当日は梅雨の晴れ間で絶好の条件でありました。
可なりの枚数を撮ってしまった為、まだ全部見てないので1枚だけ載せていただきます。
CANON EF600mmF4LISⅡUSM EF1.4ⅢEXTENDER
s-ブッポウソウ-1_filtered
たまむしの様な鮮やか虫をくわえてします。

久々の猛禽  

当初の予定と少し狂ってしまいましたが、一応目的のハチクマと言わせて頂きます。この季節は湿度の関係で山肌と空はモヤが
掛かった状態です、それと相まって対象の鳥さんまで遠い........言い訳は.......これで御終い。
CANON EF600mmF4LISⅡUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DXs-DY9W3179-1_filtered.jpg
s-ハチクマ-1_filtered
s-ハチクマ-2
s-ハチクマ-4
ハチクマを見つけたノスリがちょっかい!s-バトル-5

プチ遠征!  

片道1.5時間のプチ遠征、お馴染みササゴイと綺麗な魚オイカワのコラボを狙って行ったのですが、この日のササゴイは
誠に魚採りがへたで失敗ばかり、採っても鮎ばかりオイカワを採りに来たササゴイは一匹なりとも採れませんでした。
まあそんなに遠くないので、また挑戦します。
CANON EF600mmF4LISⅡUSM 1DXs-DY9W2168_filtered.jpg
s-DY9W2520-1_filtered.jpg
s-DY9W2522-2_filtered.jpg
s-DY9W2523-3_filtered.jpg
s-DY9W2524-4_filtered.jpg
s-DY9W2197-1_filtered.jpg
s-DY9W2199-2_filtered.jpg
s-DY9W2250-1_filtered.jpg

飛び込み  

岸部に着くと2.3度飛び込んで念入りに体をあらいます。
ヤマセミまで遠いのが少し残念!
CANON EF600mmF4LISⅡUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DXs-DY9W1659-1.jpg
s-DY9W1661-2.jpg
s-DY9W1663-3.jpg
s-DY9W1665-4.jpg
s-DY9W1666-6.jpg

久々のヤマセミ   じゃぼーん!  

ヤマセミの雛が孵ったとの連絡は頂いていたのですが、なかなか行けず少しゆっくりとした時間帯にフィールドへ
そこには何時もの鳥仲間が当然のごとくいて、帰り支度でした。
雛に餌を与えた後、湖面で体を洗う為飛び込むのですが、なにせ久々ヤマセミのスピードに慣れずピンボケ連発少し慣れた頃は
撮影条件は波もたち反逆光ぎみ、でもいいさ~ 近いフィールドで何時でも挑戦できます........!
CANON EF600mmF4LISⅡUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DXs-DY9W1601-1.jpg
s-DY9W1602-2.jpg
s-DY9W1607-3.jpg
s-DY9W1609-5.jpg
s-DY9W1613-6.jpg

まだ早いアカショウビン このところ連敗!!  

アカショウビンをカメラに収める為、かなり通いましたが鳥り運の悪い私にはこれが精一杯でした!
通い始めた日は丁度アカショウビンがフィールドに入って間もない時と思われ盛んに飛んでくれましたが、このところは全然NG
朝夜明け時からPM4:00までいて一切気配なし、まだ時期的には早いと思われます。まれにそれなりに撮られた方もいましたが
きっちり収めるのは指南の技、遠い枝被り葉被り無しで一枚でもキッチリと撮れれば満足なのですが、問屋は簡単には卸してしれません。
☆DPP4がバージョンアップされ遠くて甘い画像を加算合成でレタしてみましたがまだ成てないので判りません!
CANON EF600mmF4LISⅡUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DXs-4-1_filtered.jpg
全部葉被りです。
s-DY9W9677-1.jpg
s-1-1_filtered.jpg
s-DY9W0431-1.jpg
s-DY9W0442-1.jpg
アカショウビンまで50m程と思われます。(加算合成~取り出し)

サンコウチョウ抱卵  

昨年は巣作りから抱卵~雛の巣立ちまで見ることができたのですが、今季はフィールドも異なり可なり難しい状況での撮影
機材から巣まで可なりの仰角が必要と言う事はピントを目に持って行こうとすると雄の場合は中々目が見えず、ライブビューで
マニアル拡大でピント合わせ、雌は雄とは逆向きに巣に入る為、AFでも可能苦労しましたがいまいち!
CANON EF600mmF4LISⅡUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DXs-DY9W0038-1_filtered.jpg
向きは西向き.....後の枯葉がじゃまになるのか?
s-DY9W0074-2_filtered.jpg
向きは東向き....卵を雄とは違った方向から温める為?.......判りません!

奥深い森林に響き渡る!  

この時期オオルリの中には子育ても終わり森林に響き渡る囀りが目立ちます。
CANON EF600mmF4LISⅡUSM EF1.4ⅢEXYENDER 1DXs-DY9W9910-1.jpg
s-DY9W9976-3_filtered.jpg
s-DY9W9945-2_filtered.jpg

いくら飛ぶ物とはいえども....!  

あまり大きな声では言えないのですが、気持ちは大物狙い、自分の実力を過信していると思っていますが、でも撮って見たい欲望に負けちゃいます。
それなりに遠征すればそこそこの鳥さんは撮れるとは思っていますが自然にハンドルがそちらの方向に向いちゃいます。
あげくの果て最後に立ち寄ったフィールドで撮った飛ぶ動物(鳥じゃない!)が余りにも寂しい人工巣穴のムササビ(親との事)ムササビちゃんの顔が私の気持ちを良く表しています........シュン!!
CANON EF600mmF4LISⅡUSM 1DXs-DY9W9217-1_filtered.jpg
最後はおしり見せられ  ムササビにも嫌われ哀れな一日でした。s-DY9W9148-1_filtered.jpg

▲Page top