POUZUのバードフォト

いろいろな趣味をしてきましたが、鳥撮影にはまっちゃいました。

コミミズク遠征 Ⅱ  

今年最後のアップとなります、あっという間一年で有りましたが当ブログに沢山の方が訪問して頂き有難うございました。
皆さんの健康と珍しい鳥さん、又素晴らしい人達の出会いがありますように!
CANON EF600mmF4ISUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DXs-DY9W4882_filtered.jpg
s-DY9W5242_filtered.jpg
s-DY9W5240_filtered.jpg
s-DY9W5244_filtered.jpg
s-DY9W5254_filtered.jpg

コミミズク遠征 ⑴  

年末の忙しい間をぬって大阪 淀川河川敷まで片道262Km 往復524Kmの日帰り遠征をしてきました。
コミミズクのフィールドは噂どうりでPM2:30頃から私の帰るPM4:00まで出っ放しきりがないので途中で帰った次第です。
フィールドで出会った地元の方が後から電話いただきコミミズクを10羽飛んでいるのを確認したとの事。
当然ながら私が帰る頃にはカメラマンは200人以上はいたと思います、多い時は700人は集まったとの事です。
やはり大都会を控えていると規模がちがいますね!s-DY9W4800_filtered.jpg
s-DY9W4950_filtered.jpg
s-DY9W4951_filtered.jpg
s-DY9W4954_filtered.jpg
s-DY9W4962_filtered.jpg
CANON EF600mmF4ISUSM  EF1.4ⅢEXTENDER 1DX

クマタカ撮影........!  

s-DY9W3642.jpg
s-DY9W3643.jpg
s-DY9W3644.jpg
s-DY9W3601.jpg
s-DY9W3688.jpg
s-DY9W3813.jpg
この日は結構強い風が吹きクマタカの出は午前中可成り良かった。
クマタカ等なかなか背中を見せてくれない鷹類、強風の中風に煽られたのか背中模様も撮影出来た!
しかしこの日は成鳥、幼鳥も最後はお腹を膨らまして飛び翌日の飛びはすこぶる悪かった。
CANON EF600mmF4LISUSM  EF1.4ⅢEXTENDER 1DX

クマタカ撮影です........!  

もう駐車場にタイムカードを置いてもいいぐらい日参してま~す。
s-DY9W3111_filtered.jpg
s-DY9W3200.jpg
s-DY9W3206.jpg
s-DY9W3118_filtered.jpgCANON   EF600mmF4LISUSM  EF1.4ⅢEXTENDER  1DX

夕日のハイイロチュウヒ  

強風が吹き荒れたこの日はやはり、夕刻4時ご帰還一度も,寝床に降りる事なく、24分近く飛び続けた。
流石に1年で一番短い時夕日を背に撮るのもおつなもの!
CANON  EF600mmF4LISUSM  EF1.4ⅢEXTENDER 1DXs-DY9W2071_filtered.jpg
餌を持ち帰った♂に雌が飛び出した。s-DY9W2315_filtered.jpg
風を受けて急旋回s-DY9W2582_filtered.jpg
s-DY9W2583_filtered.jpg
s-DY9W2584_filtered.jpg
s-DY9W2585_filtered.jpg

天気晴朗なれど...... 波...... 高し!  

s-DY9W1391_filtered.jpg
s-DY9W1361_filtered.jpg
s-DY9W1353_filtered.jpg
s-DY9W1105_filtered.jpg
s-DY9W1077_filtered.jpg
s-DY9W1387_filtered.jpg
今年の初めシノリガモ.クロガモを撮りに行ったのですがフィールドに着くと雲が出てきてしまい、色乗りの無い鳥さんになってしまいました。
今回は天気も良く、鳥仲間に聞いた時間帯に合わせ早めにセットし待機、何せ太平洋に直接面した場所日出から暫くで逆光になる為
撮れる時間は20分くらい、波も荒く上下に揺られるシノリガモにピントを合わせるのは大変ピンボケ量産から少し載せます。
CANON  EF600mmF4LISⅡUSM  EF1.4ⅢEXTENDER 1DX

づ~とクマタカ撮影  

寒気も入り少しは鳥の動きも変わったかな思いつつ......~.....と言うわけでまたまたクマタカ撮影。
CANON EF600mmLISⅡUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DX
s-DY9W0877_filtered.jpg
s-DY9W0688.jpg
s-DY9W0668.jpg
s-DY9W0659.jpg
s-DY9W0882_filtered.jpg
s-DY9W0691.jpg
s-DY9W0571.jpg
s-DY9W0618.jpg
s-DY9W0684.jpg

やはりクマタカ撮影!  

飽きもせずせっせとクマタカ撮影に行っていますと言うのも他に撮る鳥さんがいないのが本音!
CANON EF600mmF4LISUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DX
s-DY9W0044_filtered.jpg
s-DY9W0008_filtered.jpg
s-DY9W0156.jpg
この日はカラスのひつようなモビリングがみられました。s-DY9W0207.jpg
s-DY9W0188.jpg
s-DY9W0190.jpg
s-DY9W0204.jpg
s-DY9W0270.jpg

オオワシ撮りに遠征!  

オオワシが例年通り飛来したとの情報、本土で見られ撮れるのはこのフィールドが一番!
このところこれぞと言う物も撮って無しいざ出陣。
片道200kmひた走り早朝AM4:30に到着、フィールドに隣接する道の駅で一休み、他府県NOの鳥屋さんらしき車が数台
空が明るくなると皆さん車の移動、私も即その後を追いすぐ近くに到着、もうカメラ数台設置して有りここら辺で撮るんだ~!
CANON EF600mmF4LISUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DX
AM7:03分 出た~ あれがオオワシか感激!
s-DY9W9394_filtered.jpg
暫くして湖側へ飛び出し餌取りでもと期待。
s-DY9W9405.jpg
朝の散歩か暫くしてご帰還
s-DY9W9663.jpg
お気に入りの場所か意外に山の中腹付近に枝どまり。
s-DY9W9484_filtered.jpg
止まりごこちの良い枝に移動。
s-DY9W9502_filtered.jpg
s-DY9W9518_filtered.jpg

山背景も撮りましたが、やはり大きいとは言え遠いには変わらず設定誤りで残念!
s-DY9W9647_filtered.jpg
s-DY9W9524.jpg
2.3回飛んだ後、この場所に何と4時間も留まり折角来たのだから私もお付き合い(我慢比べも程がありますよね!!)。
この場所で羽づくろい、あっちこっちをキョロキョロ!

s-DY9W9693.jpg
PM4:03分 日も可成り傾いて夕日が当たり始めた頃すぐ裏の寝床へ飛び立ち。
s-DY9W9699_filtered.jpg
この日は天気も良く青空から時たま雲、朝方は可成り冷えましたが日中はポカポカ、陽気に誘われ土曜日と言うことで
カメラマンは100人ぐらいはいたと思います。
初めてフィールドでの撮影、残念な分もありましたが次回行く機会があれば今回の反省点を踏まえ魚を持ったオオワシを撮ってみたいですね。







コハクチョウが二羽  

コハクチョウが入っているとの事で早速出かけてみました。
居るのは葦の生えた池の奥でコンデジで十分な距離、やむ負えず可成り距離をとっての撮影、また反逆光ぎみで
条件は悪く一抹消化不良での撮影となってしまいました。
s-DY9W9330_filtered.jpg
s-DY9W9334_filtered.jpg
s-DY9W9294_filtered.jpg
s-DY9W9285_filtered.jpg
CANON EF600mmF4LISUSM 1DX

天気晴朗なれど 鷹 高し?  

ようやく少し冬らしきなったとは言えども、まだまだ何時もの冬と比べればは暖かく異常ですよね!
と言うことでクマタカ撮影に行ってきましたが、真っ青な空しかし風..........風がないのです!
風が弱いとクマタカは出ても空高くしか飛んでくれません。本日の幼鳥何か片手に餌らしき物を持っているのですが判りません、でも自慢げに長い事飛んでくれたのですが、自分で採ったか親に貰ったかはわかりません。
s-DY9W9130.jpg
s-DY9W9126.jpg
s-DY9W9146.jpg
s-DY9W9098.jpg
s-DY9W9031.jpg
CANON EF600mmF4LISUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DX

幼鳥の成長  

クマタカの生息場所が発見されて1年が来ようとしています、昨日はクマタカの幼鳥が比較的低く飛んでくれました。
昨年は幼鳥は成鳥と比べ羽根.顔廻りがとても白く見受けられたのですが、昨日の12/4日と今年の3/18日と比べてみました。
CANON EF600mmF4LISⅡUSM EF1.4ⅢEXTENDER 1DX
昨日12/4日撮影
s-DY9W8648.jpg
今年3/18日撮影分s-幼鳥1
天気の背景が昨日はうす曇りの中撮影となりましたが、胸の部分が今年3/18日と比べると模様が入り全体に茶系になっているのが
判るぐらいですが、昨年と違い胸部の白さ際立って見えなくなっています。
成鳥も時たま二羽で飛ぶ時があるのですが、尾羽を開かず飛ぶのが特徴の幼鳥ですが、成鳥も同じように飛ぶと一見見分けが
付かない時もあります。s-DY9W8645.jpg
s-DY9W8658.jpg
s-DY9W8770.jpg
s-DY9W8726.jpg
今年3/18日撮影分
s-幼鳥5

荒磯のクロサギ  

以前にも撮りに行ったのですが、条件も何も調べず行った為、絵にはならず今回は事前に潮.風.天気を下調べした上での訪問
いざ行くと岩礁のポイントには釣り人が、クロサギも見当たらず時間潰しに砂浜へ他の鳥探し
再度戻ると釣り人も帰り支度、クロサギも戻ってきました、しかし太陽は大分西にクロサギの東側に移動しての撮影。
黒色と白波.青い海色のコラボになりますが、いざ撮るとなると意外に難しく一抹消化不良の撮影になってしまいました、次回は
今回の教訓を生かし再度挑戦しようと思います。
CANON EF600mmF4LISUSM 1DX
s-DY9W7802_filtered.jpg
s-DY9W7606.jpg
s-DY9W7875_filtered.jpg
s-DY9W7681.jpg
s-DY9W7870_filtered.jpg
撮影中 撮ってくれと言わんばかりのイソヒヨドリ雌
s-DY9W7638_filtered.jpg

▲Page top