POUZUのバードフォト

いろいろな趣味をしてきましたが、鳥撮影にはまっちゃいました。

照準器フロントステーの制作ext  

此のところの寒波は手術した膝に辛い、半端でない寒波です。
フィールドに出るにはチョット!
と言うことで家でじっと居られない私....こそこそ道具を引っ張り出し
先日購入したハンド折り曲げ機を使ってあそんでみました。
そもそもハンド折り曲げ機を買ったきっかけは友人が私と同じロシア製照準器を購入したのがきっかけです。
その時はアルミ板を万力に挟んで感で曲げて制作した物でしたが、作り終えた後これがきっちり曲げれたらと思い
ネットを検索すると3千円であるではあ~りまんか!
面白いそうなので買ってしまう悪いくせ出てしまいました。
先ずは友人の機械 ニコン  ロクヨン D5に造った物......私も真剣に  ニコン  ロクヨン  D5に機種変更を考えています。
sDSC_0065.jpg
①今回は ニコン APS ズームレンズ用を制作(単焦点望遠と違いカメラ前鏡筒が太いを考慮して折り曲げが短め)
折り曲げ機にアルミ板をセット 本来この工具 アルミ板1.5mmまでなのですが3mm厚なのでクランプで固定 六角ボルトも少し長い物に少し曲げるだけ全然問題ありません。

sDU0I6001.jpg
②一回目の折り曲げ
sDU0I6002.jpg
③二回目の折り曲げセット
sDU0I6005.jpg
④折り曲げ後 ホットシュー用穴を空けて完了
sDU0I6006.jpg
⑤照準器のフロントステーを見たの遠征で関西方面へ行った時皆さんこの様な物をホットシューに付けていた事です。
 勿論自分は両眼視の照準器で必要はなかったのですが、なるほどと感心しただけです。
 でもネットで検索しても出てこず、普通にカメラホットシューに付けている方の不便性を考慮してチョット制作して見ました。

☆ 実は今までのフ゜ロメデアギャー  KATANA とは別にジッティオ初のジンバル雲台を購入してしまいました。
売りはハトラーの粘り有るビデオ雲台のいいとこ取りと言う事で、重たいプロメデァギァの予備用に発表時に即発注
今まで一番気になっていた山バックを背に飛ぶ追従特性の向上です。
実践では先週の日曜日に比較的低く現れた鷹を外す事なくカメラファインダーで捉える事ができました。
何と言っても軽い1.35Kg..........
お値段もお手頃

s雲台
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pouzuphot.blog.fc2.com/tb.php/737-274d4cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログランキング参加中 あなたのクリックでぐ~んとやる気が沸いてきます。

天気予報

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード